ファーウェイCFOの保釈聴聞会:10日にも続行!

10 12月

.
イラン制裁逃れで組織的関与か!
.
副会長は捜査察知し17年から渡米を避ける!
.
.
中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を米国の要請に応じてカナダ当局が逮捕した事件で、同氏の保釈をめぐる聴聞会が7日、カナダで開かれた。米国のイラン制裁を逃れるため米金融機関に虚偽の説明をした疑いがある、と現地検察はみている。

逃亡の恐れがあるため保釈しないよう求めた。
.

.

.
カナダの裁判所で、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)の保釈を巡る聴聞会を12月10日にも続行することが決まった。
.
報道によると、孟氏側の弁護士は保釈を請求し、12の保釈条件を提案。その中には自宅に留まることや門限の設定、所有する全てのパスポートの提出、全地球測位システム(GPS)による追跡などがある。
.
12月7日の聴聞会では保釈可否を決めず、週末で提案された条件を検討して週明け10日にも聴聞会を続行することで決定した。
.
検察側は、中国への逃亡の恐れがあるとして孟氏の保釈に反対している。

.
欧州委員会のアンシプ副委員長は先に、欧州で中国テクノロジー企業から不正なデータ収集が行われるリスクを懸念していると表明した。
.

.
ファーウェイが米国のイラン制裁を逃れる取引に組織的に関与していた疑いがあることが7日明らかになった。カナダ当局が逮捕した孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の保釈を巡り、同国検察が米当局の捜査をもとに指摘した。現地メディアが報じた。
.
カナダ検察が7日、バンクーバーでの孟氏の保釈聴聞会で容疑を詐欺と明らかにした。ファーウェイが香港に設けたダミー会社「スカイコム」を使い、2009年から14年にイランの通信会社に米企業の通信機器を納入。13年に実態を報じられて米金融機関から説明を求められた孟氏が「スカイコムの株式を売却しており無関係だ」と虚偽の説明をしたという。
.
検察は「米当局が『スカイコムはファーウェイ』であり、事実上一体と認識している」と主張。実際はスカイコムの従業員がファーウェイのメールアドレスや社用便箋を使っていたという。孟氏の弁護士は2社は別会社であり、スカイコム自身に法令順守の責任があると反論した。
.
ファーウェイは孟氏個人の不正について「いかなる認識もない」との声明を出している。会社としても「事業を営む場所すべてで法令を順守している」と説明。保釈聴聞会に関して「カナダや米国の司法システムを通じて公正な結論が導かれるものと確信している」との声明も発表した。
.
仮に組織的な関与が悪質と認められれば米政府は孟氏個人に加え、ファーウェイ自体への追及を強める可能性がある。米商務省は中国の同業、中興通訊(ZTE)が会社として制裁逃れを企てたと断定し、米企業との取引を7年間禁じた。米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は7日「ファーウェイは米国のイラン制裁に違反していた」と述べた。
.
ファーウェイの孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)が米当局の要請によってカナダで逮捕された件で、現地検察は7日の聴聞会で「孟氏は米国の捜査を察知しており、2017年3月以降は渡米を避けていた」と明らかにした。孟氏は居住地とされる香港からメキシコに向かう途中、乗り継ぎのために立ち寄ったバンクーバーで拘束された。
.
聴聞会は孟氏側が請求した保釈の可否を判断するため、同氏が逮捕されたバンクーバーの裁判所で開かれた。カナダ検察は「孟氏は10代後半の息子がボストンの学校に通っているにもかかわらず、17年から米国を避けてきた」などと詳細を明らかにした。現地メディアなどが一斉に報じた。
.
米当局は8月22日にニューヨークで孟氏の逮捕状を発行。カナダの渡航を察知して同国当局に11月に入って身柄の拘束を依頼したという。米メディアは18年4月に「米当局がイランへの違法輸出容疑でファーウェイを捜査している」と報じたが、カナダ検察は孟氏がそれ以前から米当局の捜査動向を察知していたとの見方を示した。
.