滋賀・甲賀建設(破産中):不法投棄で書類送検!

24 3月

.
山林に不法投棄1万3500t!
.
.
滋賀県甲賀市水口町嶬峨の山林に大量の建材などが不法投棄された問題で、甲賀署は3月16日、廃棄物処理法違反の疑いで、甲賀市水口町水口の産業廃棄物処理会社「甲賀建設」(破産手続き中)の元代表取締役(44)と元取締役(41)、元従業員(57)ら4人を書類送検した。
.
書類送検容疑は、2014年10月18日ごろから15年4月30日ごろにかけ、陶磁器くずやコンクリート片、廃プラスチック類などの産業廃棄物計1万3500トンを、元代表取締役の父親が所有する約5万6千平方メートルの山林に埋め立てるなどした疑い。滋賀県が昨年11月に刑事告発していた。
.
県の調査では、投棄は11年2月ごろから行われ、廃材類の総量は約11万2千トンと推計。刑事告発は、投棄行為を裏付けることができた部分を対象にした。
.
.
滋賀県が2016年11月22日、県警本部に対し、刑事告発を行った。
.
★被告発人
有限会社甲賀建設   元代表取締役
有限会社甲賀建設       元取締役
有限会社甲賀建設       従業員       以上3名
.
★告発事実
被告発人らは、共謀の上、平成26年10月18日ころから平成27年4月30日ころまでの間、継続して多数回にわたり、滋賀県甲賀市水口町嶬峨字西山2533番ほか4筆の山林等において、陶磁器くず、コンクリート片、廃プラスチック類等の産業廃棄物約1万4千トンを埋め立てるなどし、もってみだりに廃棄物を捨てたものである。
.
★罪名および罰条
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」という。)違反
同法第16条(みだり投棄)
同法第25条第1項第14号(5年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はこれらの併科)
.
★これまでの経緯
平成27年7月27日  甲賀建設に対し、廃棄物処理法第19条の3に基づく改善命令の発出
平成27年7月30日  甲賀建設の産業廃棄物処分業等の許可取消し
平成27年12月11日 甲賀建設等が大津地方裁判所に破産手続開始の申立て
平成27年12月16日 甲賀建設等の破産手続開始決定
平成28年6月30日  甲賀建設その他関係4者に対し、廃棄物処理法第19条の5に基づく措置命令の発出(併せて改善命令は取消し)
平成28年7月29日  措置命令で命じた措置の着手期限
平成28年8月02日  措置命令で命じた措置の履行を督促
平成28年8月17日  措置の履行の督促に係る着手期限
.