“非核化”で米朝対立:トランプの頭では理解できぬ!

9 7月

.
具体策まとまらなかった!
.
非核化を巡り対立があらわ!
.
.
アメリカのポンペオ国務長官は、北朝鮮での金英哲統一戦線部長との協議について、「極めて生産的だった」と評価した。
.
しかし、それとは対照的に、北朝鮮外務省はアメリカについて「一方的に非核化だけを要求した」、「遺憾、極まりない」と非難した。
.
非核化の具体策は、まとまらなかったもよう。
.
北朝鮮は7日、米国との2日間にわたる協議を終えた後に出した声明で、迅速な非核化という米政府からの要求は「強盗的」であるとして、怒りをあらわに拒絶した。北朝鮮が再び強硬姿勢へと転じたことで、米朝間の和平プロセスはまたも暗礁に乗り上げそうだ。
.
マイク・ポンぺオ米国務長官は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の右腕である金英哲党副委員長との協議を終えて平壌を後にする際、協議では進展がみられたと強調し、前向きな姿勢を示していた。
.
しかし、ポンペオ長官が日韓政府への結果報告のため東京に到着する中、北朝鮮側は同長官による交渉努力を拒絶するとともに、ドナルド・トランプ米大統領に対して和平プロセスを再開するよう求める怒りの声明を発表した。
.
北朝鮮は国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて出した声明で、「北朝鮮の忍耐力が尽きて、米国の強盗的思考を反映した要求を受け入れると米国が思っているならば、それは致命的な間違いだ」と主張。北朝鮮はすでに核実験場を破壊しており、その見返りとして譲歩に応じる米国側の意志がポンペオ長官から示されなかったことに遺憾を表明した。
.
北朝鮮はまた、米韓合同軍事演習を一方的に中止したトランプ大統領の決定についても、表面的で「極めて可逆的」譲歩だと指摘。1953年に休戦協定が結ばれた朝鮮戦争(Korean War)を平和協定により正式に終結させる件について、米代表団が「一度も言及しなかった」と批判した。
.
米当局者らは非公式の見解として、北朝鮮政府による今回の声明は交渉での駆け引きであると述べている。しかし平壌で2日間にわたり友好ムードが演出された後に出たこの声明により、北朝鮮は再び従来の強硬姿勢に戻った格好となった。
.