アクセスカウンター
   .2020.03.06.
  連帯系生コン会社:強度不足生コン・長期出荷!
   .
セメントを減らしたらどうなるか!
.
シャブコンと騒いでいたが系列化では頬かむりか!
.
.
 最近、連帯系生コン会社の噂話が色々と舞い込んでくるが、大きな話題になるような話はなかった。3月18日には、京都裁判所で湯川副委員長が逮捕された村田生コン恐喝事件の初公判が始まり、以降、京都府警逮捕事件の公判が始まるであろう。
.
 そのような最中、連帯系生コン会社が強度不足の生コンを長年出荷しているという話が入り、取材を進めているが、ようやく強度不足の生コンの納入先現場が見つかった。
.

.
 通常、生コン1m3あたり180kg~200kgのセメントを使うと言われているが、この生コン会社は40kgも減量し出荷しているという。
.
 この生コン業者が納入している建設会社と現場が判明したので、近々、現場写真を取得する。
.

.
 過去を含めて、連帯ユニオンはシャブンコンについて街宣を含め、個社を追及していたが、連帯の仲間企業が粗悪品を各建設会社へ納入していたことを、知ってか知らずか、仲間には甘いことが露呈したことになる。
.

 詳細については、来週から掲載を始める。
.

.