アクセスカウンター
   2018.09.29.
   ワールドセイコー:河川敷に産廃不法投棄容疑!
   .
滋賀の解体会社社長ら逮捕・滋賀県警!
.
.
 長浜市の建築工事会社の社長ら3人が住宅を解体した際に出た廃材を川の近くの土地に違法に捨てたなどとして、廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されました。このうち2人は容疑を否認しているという。
.

.
 滋賀県警は9月27日、河川敷に産業廃棄物を不法投棄したとして、廃棄物処理法違反の疑いで、滋賀県長浜市新庄中町、解体工事会社ワールドセイコー社長、馬場誠一容疑者(75)と、同居の息子で会社役員、馬場勇者慈征容疑者(22)を逮捕、それと彦根市にある建設会社「ハウジング光正」の社長で、同じく息子の馬場光正容疑者(48)も逮捕された。
.

.
 いずれも「再利用するために置いただけ」などと容疑を否認している。
.

.
 逮捕容疑は3~5月、誠一容疑者が所有する長浜市宮部町の姉川河川敷の土地に、木やコンクリートなどの廃棄物を無許可で投棄したとしている。
.

.
 警察の調べによりますと、「ワールドセイコー」の2人は、家屋の解体工事で出た木くずやコンクリートくずといった廃材を長浜市の姉川沿いにある敷地に不法投棄し、「ハウジング光正」の社長は、廃材の処理を依頼したとして、いずれも廃棄物処理法違反の疑いがもたれており、「ハウジング光正」の社長は「委託したのは事実です」と供述して容疑を認めているという。
.

.
 県警によると、廃棄物は広さ約1980㎡、高さ約2mに積み上げられた。
その量はダンプカー数十台分にのぼるということで、警察はこの3人が常習的に不法投棄を行っていたとみて、全容の解明を急ぐことにしています。
.