2015.12.30.



無料カウンター

中国・三峡ダム周辺・地震頻発:政府も弊害認める!

日常的に地滑りや土砂崩れ発生!
.
地震回数が30倍に!

中国当局 三峡ダムの弊害を認める!
.
.
 2010年10月、中国・長江(揚子江)沿岸の湖北省巴東県で大規模ながけ崩れが発生し、近隣住民の住宅十数棟は、あわや土砂とともに長江に押し流されるところだった。
.
 しかし巴東県では、このような話はもう珍しくない。街のあちこちで日常的に地滑りや土砂崩れが起きているのだ。
.
 地元住民らは、三峡ダムが建設されたことで一帯の地震活動に変化が起きたと主張している。「ダムのせいだ。(ダムに水が溜められた)2003年から地滑りと地震の頻度が増えて、以前よりずっと危険になった」と住民は嘆く。
.
 これまで中国政府は、世界最大の水力発電ダムである三峡ダムを中国の工学技術の粋と位置付け、洪水や電力不足を解決する国家事業として誇示してきた。だが、今年
5月、ついに政府は三峡ダムがさまざまな弊害を引き起こしていることを認めた。
.
 これに、折りしも発生した深刻な干ばつがあいまって、今、三峡ダムをめぐる諸問題に改めて注目が集まっている。
.
 三峡ダムの建設は1994年に始まった。建設にあたって、巨大ダムの大量の貯水の重みによって一帯の地質が変化する恐れや、数百万人が移住を余儀なくされる点、ダムの存在が川の流れを遮断し、汚物がせき止められて水質汚染が進む問題などが指摘されたが、批判は受け入れられることなく、複数の反対派が収監されてしまった。
.
 だが、すでに問題は政府が無視できないレベルまで達していると専門家は指摘する。
.
 三峡ダムが広がる長さ約600kmの渓谷(長江三峡)は、複数の断層が重なった地形をしている。長江沿岸の斜面に開かれた巴東は、昔から地滑りの多い土地柄だが、住民らはここ数年で被害が急激に増えたと証言する。
.
 地元高校の敷地内には地割れができ、地震のたびに広がってゆく。低地に住む数万人に対しては当局が移転命令を出したが、約束された補償金はいつまでたっても支払われない。
.
 補償金の未払いに関する苦情は、ダム着工によって移住を命じられた140万人からも挙がっており、結局踏み倒されるのではないかと住民らは語る。
.
 カナダ・トロントのプルーブ・インターナショナルが公開した2010年の中国政府に調査結果によると、ダム周辺では2003年以降、大半はマグニチュード3以下と小規模ながら、地震の回数が30倍になった。
.
 ダムへの批判は、今年に入って下流域の湖沼の数々がここ数十年で最悪の干ばつに見舞われ、周辺住民の生活を支える水源が草地に変わってしまったことで、より高まっている。反対派は、長江がこれまで通り自然に流れていれば、このような事態にはならなかったと指摘する。中国の水質汚染に関する著作がある作家のマ・ジュン氏は、「ダムで洪水の被害を和らげることはできるが、下流の湖に行き渡る水が減る。人びとは今になってそれに気がついた」と述べ、川の自浄機能の悪化による水質汚染も進んでいると語った。
.
 国営メディアによると、こうした事態を受け、下流域の自治体には三峡ダムの負の影響を相殺する自前のダムを作ろうとする動きも見られ、問題がさらに悪化する懸念もふくらんでいる。
.
 プルーブ・インターナショナル責任者は、三峡ダムの教訓を生かさず流域へのダム建設を続ければ、「長江が川として機能しなくなる」と警鐘を鳴らした。「そうなれば、これまで漁業や農業、河川交易で生活を立ててきた数百万人が苦しむことになる。三峡ダムによって破壊された地質や水質の改善には、永遠に終わりのない出費が必要になり、金食い虫と化したダムはやがて運転にも窮する羽目になるだろう」
.
 2014年4月7日、中国で「三峡ダム第一の県」と呼ばれる湖北省宜-昌市しき県で最近、3日間でマグニチュード4以上の地震が2回発生し、数百回-の余震が発生した。地質学者は、この2度の地震は明らかに「ダム誘発地震」に属し-、三峡ダムと直接的関係があると分析。将来、破壊的な強震が発生する可能性も排除でき-ないと警告している。
.