2015.12.22.



無料カウンター

第二次大戦の日系人:大統領と候補者の表現の違い!

「日系人強制収容は最も暗い歴史」オバマ氏講演!
.
日系人強制収容・トランプ氏支持者48%肯定!
.
.
 オバマ米大統領は12月15日、ワシントンで開かれた、米国に帰化した移民らの宣誓式で講演し、第2次世界大戦中の日系人強制収容を「米国史上で最も暗い一幕」と位置付けた上で、「二度と過ちを繰り返さないと決意を新たにし、あらゆる形の憎悪と偏見に対して声を上げなければならない」と述べた。
.
 パリ同時テロや米ロサンゼルス近郊での銃乱射テロを受け、米国内でイスラム教徒への嫌がらせなどが相次いでいることから、冷静な対応を国民に呼びかけたものだ。

また、イスラム教徒の入国禁止を主張している2016年米大統領選共和党指名争い
の有力候補、ドナルド・トランプ氏を、名指しを避けながら批判した形だ。
.
 米世論調査会社「PPP」が15日発表した中西部アイオワ州での共和党支持者対象の世論調査によると、2016年米大統領選の党指名候補争いでトップに立つ不動産王ドナルド・トランプ氏(69)の支持者のうち半数近い48%が、米国が第2次世界大戦中に日系人を強制収容したことを「支持する」と答え、「支持しない」の21%を大きく上回った。
.
 共和党支持者全体では「支持しない」が39%で、「支持する」の29%より多かったが、同党内で、トランプ氏支持者を中心に排外主義的な風潮が広がっていることをうかがわせる結果となった。
.
 トランプ氏は、イスラム教徒の米国への入国を禁止すべきだとの自らの主張について、日系人強制収容を引き合いに正当化したことがある。
.