星野リゾートトマム・買収:郭広昌氏が消息不明!

無料カウンター

2015.12.14.



12月10日から不明に!
.
事件で当局が調査か!
.
権力闘争に巻き込まれたか!
.
.
 中国の投資会社「復星集団」の郭広昌会長が12月10日から連絡が取れない状態となり、上海証券取引所では11日、関連する多くの企業の株が取引停止となった。
.
 中国メディアは郭氏が何らかの事件で当局の調査を受けている可能性があると報じた。
.
 復星集団は海外の不動産投資にも積極的で、11月には同社傘下の企業が北海道占冠(しむかっぷ)村にあるリゾート施設「星野リゾートトマム」の全株式を約183億円で買収すると発表した。
.
 上海豫園旅游商城が新設の日本法人を通じてトマムのリゾート施設「星野リゾートトマム」の全株式を,米系投資ファンドMatakiteB.V.(8割)と星野リゾート(2割)から183億円で取得することについて3社が調印したという。12月1日に株式が譲渡された。
.
 上海豫園旅游商城は「老八株」として、1992年に上海に上場した第1陣の老舗国有企業。私も投資した経験がある。その10年後の2002年に私有企業の復星集団の傘下に入った。
.
 上位10の大株主の1位と2位は復星集団の子会社(計26.45%所有)であり,その他の8社は上海豫園旅游商城の元の親会社と関連会社、それに上海の政府系不動産会社や旅行関連会社や中央政府の投資会社(計19.37%)である。復星集団が必ずしも圧倒的に議決権が強いと言えない。
.
 スキーリゾート施設、星野リゾートトマム(上川管内占冠村)を買収した中国最大級の民間投資会社、復星集団(上海)の郭広昌会長(48)が行方不明となったが、道内関係者は「正確な情報は分からない」という。
.
 星野リゾートトマム(上川管内占冠村)を買収した中国最大級の民間投資会社、復星集団(上海)傘下の復星医薬は11日夜、「(郭会長は)司法機関の調査に協力している」との声明を出した。当局による拘束か、監視居住(軟禁)状態にあることを示唆する内容だが、郭氏本人への容疑か、捜査協力しているだけかは不明だ。
.
 郭氏は江沢民元国家主席が率いる政治家グループ「上海閥」に近いとされ、権力闘争に巻き込まれた可能性を指摘する声もある。
.
 連絡が途絶えたのは10日午後。「上海空港で警察官に連行された」との情報が流れ、11日には中国メディアが一斉に報じた。上海証券取引所などは11日、傘下企業の株式取引を停止。復星医薬は声明で「郭会長は重大決定には参加でき、営業は正常だ」とし、株式取引を週明けに再開すると表明した。
.