2015.12.10.



無料カウンター

高木復興相・政治資金:原発もんじゅ請負関連から!

辞任要求続々・野党「資質疑問!
.
.
.
 高木毅復興相は12月8日の衆院東日本大震災復興特別委員会の閉会中審査で、自らの政治資金問題に関し「私自身襟を正して、復興相の仕事を全うしたい」と辞任しない考えを強調した。これに対し、野党議員の多くは早期辞任を要求。高木氏がこれまで原発を推進してきたとして、東京電力福島第一原発事故からの復興を担う閣僚としての資質を疑問視する質問も相次いだ。
.
 高木議員が代表を務める自民党支部や資金管理団体で2011〜14年の間、選挙区内で新たに230件、計185万円を香典代として計上していたと明らかにした。政治資金収支報告書に詳細を記載する必要のない1万円以下の支出を含め再確認して判明した。
.
 民主党の柚木道義氏は、高木氏が代表を務める政党支部などが選挙区内で香典代を支出した問題を取り上げ「今すぐ辞めることが復興の加速策になる」と求めた。高木氏は「私には、復興の加速化に向けて頑張れとの声も届いている」と強調した。
.
 柚木氏は、高木氏が約30年前に地元で女性の下着を盗んだとする一部週刊誌の報道についても、住民の証言を交えて追及。高木氏は「全て事実無根だ」と報道内容を否定した。
.
 また、高木氏は、日本原子力研究開発機構が運営する高速増殖炉もんじゅ(福井県)などの業務を請け負う関連会社5社に、2011年から14年までに合計86万円のパーティー券を購入してもらったと明かした。
.
 企業名は、政治資金規正法で20万円以下のパーティー券購入者は収支報告書に記載されないことを理由に公表しなかった。
.
 野党側は、高木氏が10月の就任記者会見で、東電福島第二原発について原子力規制委員会の新規制基準を満たせば再稼働もあり得るとした発言も相次いで取り上げた。民主党の金子恵美氏は「被災地の人たちの心を本当に傷つけた。福島のことを本当に理解できるのか疑問だ」と批判。高木氏は第二原発について「他の原発と同列に扱うのは困難だ」と釈明した。
.
 維新の党の高井崇志氏も「けじめをつけてほしい」と辞任を要求。共産党の高橋千鶴子氏は「(安倍晋三)首相の任命責任が問われる」と述べた。
.
 これに対し、菅義偉官房長官は記者会見で、高木氏について「しっかりと説明責任を果たした」と述べた。
.