2015.12.09.



無料カウンター

GDP改定値:7〜9月期・設備投資を上方修正!

年1.0%増!
.
.
 内閣府が12月8日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動を除く実質で前期比0・3%増、このペースが一年間続くと仮定した年率換算で1・0%増となり、二・四半期ぶりのプラス成長に転じた。最新の統計結果を反映して企業の設備投資を引き上げ、速報値の年率0・8%減から上方修正した。
.
 ただ個人消費は前期比0・5%増から0・4%増に下方修正、回復の鈍さが示された。成長率自体も政府目標の2%に届いておらず、景気が力強く回復していくかどうかは不透明だ。
.
 設備投資は卸・小売業や建設業関係が拡大して0・6%増となり、速報値の1・3%減を上回った。速報値は内閣府が一部の統計を基に推計して算出しているが、速報後に公表された法人企業統計で自動車関連の設備投資が増えたことなどを踏まえて修正した。
.
 個人消費は自動車や衣服が振るわなかった。公共投資は0・3%減から1・5%減にマイナス幅が拡大した。輸出は2・7%増、輸入は1・7%増だった。
.
 日経QUICKが4日時点でまとめた民間予測の中央値は前期比横ばい、年率0.1%増だった。
.
 生活実感に近い名目GDPは前期比0.4%増(速報値は0.0%増)、年率では1.6%増(0.1%増)だった。
.