2015.12.05.



無料カウンター

野党共闘:揺さぶりで主導権争い・民主と維新!

民主党という名前の政党に合流しない松野代表と小野総務会長!
.
民主・枝野幹事長、党名変更「相談の余地ある」!
.
.
 民主党の枝野幸男幹事長は12月2日の記者会見で、維新の党が求める合流時の「民主党」の党名変更について「(6日開票の)維新の代表選が終われば、相談の余地はる」と述べつつも、「全党的な合意形成がなければ(変更は)できない」と慎重な考えも示した。維新の松野頼久代表は1日のBS11の番組で「民主党という名前の政党に合流することはない」と明言している。
.
 維新の党の代表選に立候補している松野頼久代表と小野次郎総務会長は1日夜のBS11番組で、野党再編に関し、民主党が党名変更を決断しない限り、合流を見送る考えをそろって明らかにした。党名維持にこだわる民主党内の一部を牽制した。
.
 松野氏は「少なくとも『民主党』という名前の政党に僕らが合流することはない。

来年の参院選の結果が出るまで、やせ我慢をしてでも待っている」と明言。民主党が党名変更を決断しなければ維新の党のまま活動する考えを示した。
.
 小野氏も「結論から言えば松野さんと同じ。どういう(新党の)形が国民から支持されるのか選挙を経て決めればいい」と強調した。
.
 細野豪志政調会長は1日の記者会見で、民主党と他の野党とが合流する形で新党結成を目指すべきだとの考えを示した。「自民党に対抗する政党を作るためには多くの皆さんに結集してもらう必要があるので、私は新党が望ましいと考えている」と述べた。
.
 一方、新党結成の際の民主党の「解党」の可否については、「大事なのは解党するかしないかではなく、どうやれば理念を掲げて結集できるかだ」と言及を避けた。
.
 6日の維新の党の新代表が決まるが、小野次郎氏、松野頼久氏、どちらがなっても党勢が落ち目の党にとって歯止めをかけれる状態ではない。民主党と主導権争いにエネルギーを使っている間は野党でなく野合だろう。
.