2015.12.02.

無料カウンター

自民・中山、左藤議員:副大臣在任中・大規模パーティーか!



1000万円超す集金は規範抵触か!
.
.
.
 自民党の中山泰秀衆院議員(大阪4区)が代表を務める政治団体と左藤章衆院議員(大阪2区)側の政治団体が、両氏とも副大臣在任中だった昨年12月、収入額1千万円以上の政治資金パーティーを開いていたことが11月30日、大阪府が公表した政治資金収支報告書から分かった。
.
 大臣規範は政務三役に対し「国民の疑惑を招きかねないような大規模なパーティー」の自粛を求めているが、規模の定義はなく、開催の是非をめぐっては見方が分かれている。
.
 収支報告書によると、「中山泰秀後援会」は昨年12月1日、大阪市内のホテルで政治資金パーティーを開き、1014万円の収入があった。「左藤章後援会」も同日、同市内で政治資金パーティーを開催し、2377万円の収入を計上した。当時、中山氏は外務副大臣、左藤氏は防衛副大臣兼内閣府副大臣を務めていた。
.
 中山氏の事務所は「毎年恒例で開催しているパーティーであり、規範に抵触するものではないと考えている」。左藤氏の事務所は「衆院解散と時期が重なり、出席者が増えた。大規模と言われても仕方がない」とそれぞれ説明した。
.
 政治資金規正法は収入が1千万円以上のパーティーを「特定パーティー」と定め、開催日や収入額などの報告を義務づけている。ただ、大臣規範が自粛を求める大規模パーティーに該当するかどうかは明確ではなく、政府は3月、野党議員の質問主意書に対し「各大臣が適切に判断すべきもので一概に答えることは困難」と答えている。
.
 神戸学院大法学部の上脇博之教授(憲法学)は「権限が大きい政務三役は、資金集めに自重が求められる。収入額が1千万円以上のパーティーは大臣規範に抵触する恐れがあり、自粛の対象になるだろう」と話している。
.