2015.11.30.



産廃処分場・備北グループ:倒産の黒幕は誰だ!(6)

備北環境開発鰍ヘJH12・会社売買されていた!
.
次々と企業拡大!
.
鞄和環境は1年半ほど閉鎖!
.
.
 備北グループの大分佐伯市・鞄和環境の最終処分場は破産前の1年半ほど、閉鎖状態に追い込まれていた。原因は安定型処分場から出る廃水が調査の結果、基準値以上の値であり、県当局から改良を命じられ、何度も手直ししたが基準値を下回らず、破産の道を選んだ。
.
 南和環境が廃水問題で、行政より何度も改善指導を埋めている原因は、安定型処分場へ管理型廃棄物が投棄されているから起きる問題で、単にアミ下(単なる土砂交じり残渣)ではなく、石膏ボードやシュレッダーダスト、医療廃棄物などが無断投棄されたことから起きる廃水汚染と考えられる。
.
 南和環境が備北環境開発鰍ノ買収された時の会社議事録がある。この買収後に、収運会社から最終処分場へと変身していく。
.
 次回は、影のオーナー、黒幕を発表。
.
以下、鞄和環境の会議録を掲載してゆく。

1.取締役会議事録 H13年7月29日 H13.8.1株式を備北環境開発へ譲渡


.
2.取締役会議事録 H13年8月01日 代表取締役変更 


.
3.臨時株主総会議事録H17年1月18日 株主は1人 委任状提出


,
4.取締役会議事録 H17年1月18日 社長選任 山田三郎就任



5.臨時株主総会議事録H19年4月5日 山田突如辞任 社長に岡部真治就任
.


.

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***