2015.11,21,



無料カウンター

豪州政府:外国人の購入物件に強制売却を命じる!

中国人の爆買いに「待った」!
.
日本の外人購入対策も考えう時期に来た!
.
億ションを買って民泊をしている場合も!
.
.
 中国メディアは11月19日、大都市の不動産価格上昇が続くオーストラリアで、政府が外国人による不動産の不法購入の取り締まりを強化しており、中国人が違法購入した物件の強制売却が命じられる事案が発生していると報じた。
.
 記事は、スコット・モリソン財務相が18日、今年3月から外国人の違法売買の取り締まりを開始して以降、中国人が昨年520万オーストラリアドル(約4億6000万円)で購入したメルボルンの豪邸を含む、外国人が違法購入した物件19件の強制売却を命じたことを発表したと伝えた。
.
 そのうえで、同国の法律では「特定の状況を除いて、外国人は新築住宅のみ購入可能で、中古住宅の購入はできない」、「12カ月以上の滞在ビザ所有者が住宅物件1件を購入できるが、同国を離れたばあいは3カ月以内に売却しなければならない」と規定されていることを紹介。一方で、条件を満たさない外国人の多くが現地仲介業者や弁護士、友人の助けを借りて住宅を違法購入しているとした。
.
 そして、同国政府が12月1日までに税務当局に状況説明を行えば処罰を免除する措置を取り、この期限を過ぎたばあい違反者を刑事告訴するとともに罰金を科すとしていることを併せて紹介した。
.
 今回のオーストラリア当局による取り締まり強化はあくまで外国人の違法購入者を対象にした者であるが、その主たるターゲットは国外不動産購入購入ブームが起きている中国にあることは間違いなさそうだ。
.
 はじめから法の網の目をかいくぐっての違法購入はもってのほかだが、現地のルールに対する理解が浅いことによる不動産売買トラブルも多い。また、現地住民とのトラブルも問題だ。先日も、メルボルンで建物を新築するために築100年の古い豪邸を取り壊す際、現地住民から強い反発を受けたことが報じられた。
.