2015.11.19.



無料カウンター

課税新ルール:課税逃れ防止で国税庁!

多国籍企業の回避防ぐ!
.
海外当局と情報交換526件!
.
.
 20カ国・地域(G20)首脳会議は11月16日、租税回避地などを使った多国籍企業の税逃れを防ぐ新ルールを支持することで一致した。巨大銀行への新たな資本規制案は「成長を支えるうえで重要」との認識を示した。
.
 企業や個人の海外取引に関する課税逃れを防ぐ目的で、国税庁が租税条約に基づき今年6月までの1年間(2014事務年度)に海外の税務当局に情報交換を要請したのは526件だったことが18日、国税庁のまとめで分かった。前事務年度(720件)と比べ約27%減った。
.
 地域別では、中国や韓国など「アジア・大洋州」が396件、「米州」が75件、「欧州・その他」が55件だった。
.
 租税条約などを結んだ相手先は現在、93カ国・地域。国際的な税逃れ対策は経済協力開発機構(OECD)や20カ国・地域(G20)でも重要なテーマになっている。
.