2015.11.19.



無料カウンター

民主・岡田代表:この指とまれと2本出した!

共産党と選挙協力したい!
.
維新と統一会派目指したい!
.
だが、統合野党のリーダーにはなれない!
.
.
 器量も、度量もそして肝心な信望もない野党第1党の岡田克也代表。自民1強、野党百弱の中で政権経験党であった民主党が野党のリーダーを務めるどころか、下手をすると分裂の危機を迎えている。民主党そのものが左から右までの異質な議員の集団であり、常に左右のバランスを取りながら折衷案の中を進んできた。
.
 岡田代表になってから、代表戦の影響で左寄り路線を取り始め、来年7月の参議院選では野党統一で共産党と組むと言いだし、党内に波紋を広げている。
.
 民主党の前原元外相は11月14日朝、日本テレビ系列の番組「ウェークアップ!ぷらす」に出演し、民主党を解党した上での新党結成を訴えていることについて、「党を分裂させていくということは目的ではない」と自らの考えを説明した。
.
 前原氏は番組内で、「(岡田代表とは)問題意識は同じだと思う。つまり、今のままではダメだと」「民主党を割ることなんて誰も期待してないでしょ」「どうやって野党をまとめて、基本的な政策と理念で自民党・公明党との対抗勢力を作っていくか。私はいま、これしか考えていない」と語った。
.
 前原氏はまた、現段階で民主党を離党する可能性について、「明確に否定する」と強調した。
.
 これに対して岡田代表は14日、三重・四日市市内で、「現時点では新党ということを明確に選択肢として持っているわけではない」と述べ、年内の新党結成について改めて慎重な姿勢を示した。
.
 岡田代表は一方で、維新の党と来年の通常国会までに統一会派を結成することに前向きな考えを示した。
.
 民主党の細野政調会長は16日、岡田代表と会談し、年内に民主、維新両党を解党して新党を立ち上げるべきとの自らの主張を説明したのに対し、岡田代表は否定的な考えを示した上で、党の幹部として慎重に発言するようクギを刺した。
.
 民主・細野政調会長「私がイメージしていることは、代表には申し上げました。重要なことはしっかり(野党が)結集して、参議院(選挙)で選択肢を示すこと。当然ですけれど、できるだけ早くやるにこしたことはない」
.
 細野氏は年内に民主、維新両党を解党し、新党を立ち上げるべきとの自らの主張を説明したことを明らかにした。
.
 これに対し、岡田代表は民主、維新両党を解党して年内に新党を結成することにはあらためて否定的な考えを示した上で、「中では大いに議論しましょうと。しかし、外への発信は党の重要な役員の1人であることを踏まえていただきたい」と述べた。
.
 岡田代表はまた、「党と違う意見が出ることは決していいことではない」と述べ、細野氏に対し、党の幹部として慎重に発言するようクギを刺した。
.
 野党統一戦線の発想は、前回の衆議院選での比例票が呼び水になっている。
.
  (先の総選挙の結果について)比例票だけみると維新の党に850万票、民主党に950万票で、1800万票を越している。自民党の比例票は実は1700万票台なので、維新の党と民主党に投票した人の数の方が実は多い。(自民が)あれだけ圧勝した選挙にもかかわらず、投票行動を見るとそういう結果。野党がまとまれば十分、次の選挙で政権交代の可能性は出てくると思う。
.
 自民党安倍政権の強硬路線に危惧を抱く国民が、単に反安倍という感情論でどこへ向かうかわからない、だれが旗となるリーダーとなるか分からない野党に未来への下駄を預けるだろうか。野合ではすぐ瓦解してしまう。
.