2015.11.12.



無料カウンター

中国経済・人民元下がっても:成長目標も輸出も・減る!

4か月連続輸出減・内需不振で輸入も減!
.
過剰設備で輸出攻勢!
.
日本企業に深刻影響!
.
.
 中国の李克強リークォーチャン首相は11月1日にソウル市内で行った講演で「今後5年間で平均6・5%以上の経済成長が必要だ」と述べ、2016〜20年の国内総生産(GDP)成長率目標を、現行の年平均7%から6・5%へと引き下げる考えを示した。
.
 中国経済は減速が続いており、目標を引き下げても達成には困難が伴う。
.
 11月6日現在の中国・上海などの港に積まれている鉄鉱石の在庫量が約8600万トンだ。輸入はされたが製鉄所の溶鉱炉に行くことができなかった分量だ。韓国の年間輸入より多い。昨年韓国は鉄鉱石7400万トンを買い入れた。理由は簡単だ。

 中国産鉄鋼輸出が思わしくないためだ。中国海関総署(関税庁)は、「10月の鉄鋼材輸出は前月より20%近く減った」と8日に発表した。事情がこれほどになれば中国の製鉄所はひとつふたつと廃業しなくてはならない。
.
 トムソンロイターは「依然として国有製鉄所の溶鉱炉の火は消えずにいる」と伝えている。過剰生産の典型だし、重複投資の結果だ。世界の鉄鋼生産能力の半分が中国に集中している。ダンピング輸出がはびこるしかない状況だ。各国の報復関税は火を見るより明らかだ。ブルームバーグは「最近米国政府が中国産の一部鉄鋼材にアンチ
ダンピング関税236%を課した」と伝えた。これは再び鉄鋼材輸出減少につながった。
.
 鉄鉱石の在庫だけ増加しているのではない。石油製品の国内需要と輸出がともに減
り中国の原油在庫も急増している。ブルームバーグはこの日専門家の話として「これ以上原油を備蓄できる施設は中国国内には残っていない」と報道した。北京大学のマイケル・ペティス教授は最近中央日報とのインタビューで「鉄鉱石と原油の在庫は中国経済の現実を示す端緒。これら在庫累積は中国の輸出入沈滞のまた別の姿」と話した。実際に海関総署は「ドル基準で10月の輸出が前年同期より6.9%減り、輸入は18.8%減少した」とこの日発表した。輸出入とも予想値である3.2%減と15.2%減より大きく落ち込んだ。
.
 中国政府は8月に人民元の切り下げを行った。1日で人民元基準値を2%ほど下げた。過去最大の人民元切り下げだった。だが、輸出は9月と10月ともに減少した。貿易は中国経済の主要成長エンジンだ。トムソンロイターは「10月の輸出入減少は中国の成長率鈍化が当分続くほかないということを示唆する」と伝えた。ゴールドマンサックスなど西側投資銀行は来年末か2017年初めまで中国経済の鈍化が続くとみている。
.
 海関総署は「欧州連合(EU)など主要輸出市場の景気が鈍化したのが最大の要因。輸出が減ったため輸入も減少している」と説明した。外部要因を強調した説明だ。

だが、重複過剰投資にともなう景気鈍化など中国内の要因のために輸入が12カ月連続で減った。何より輸出よりも大きく減った。
.
 中国の輸入減少は国別に差を見せた。10月の韓国からの輸入は前年同期より12.5%減った。9月よりは事情が改善した。9月の減少率は24.3%に上った。中国の重複過剰投資のために最も打撃を受けた国はオーストラリアだ。中国の鉄鉱石輸入が減少したため9月と10月の対中輸出減少率は27.3%と23.8%だった。
.
 中国の輸入が明確に減ったために貿易黒字は9月の591億ドルから10月は619億ドルと28億ドほど度増加した。これは中国の外貨準備高にもある程度影響を及ぼした。10月の外貨準備高は3兆5300億ドルと集計された。9月の3兆5100億ドルより200億ドルほど増えた。中国の外貨準備高が5月から5カ月連続で減少し、10月に入り増加傾向に戻った。だが資本離脱の流れを考慮すると外貨準備高が増え続けるのは難しそうだ。
.
.
 中国の過剰設備問題は、日本企業の業績にも深刻な影響を与え始めている。
 新日鉄住金など鉄鋼3社は10月下旬、中国の輸出攻勢による市況の急激な悪化などを理由に、16年3月期の経常利益見通しを15〜50%、それぞれ下方修正した。
.
 日産自動車も11月2日、中国での年間販売目標台数を当初から5万台減の125万台に引き下げた。西川広人副会長は記者会見で、「(産業用に使われる)小型商用車や大型トラックが落ち込んでいる」と述べた。中国人の「爆買い」で業績好調な百貨店は「富裕層の来日減が懸念され、先行きは不透明だ」と不安顔だ。
.
.
 中国の税関当局が11月8日発表した10月の貿易統計によると、輸出は日本、欧州連合(EU)向けの不調が続き、前年同月比6・9%減の1924億ドル(約24兆円)と、4か月続けて減少した。
.
 コンピューターや衣料品などの減少が目立っている。
.
 輸入は、内需の不振が響き、18・8%減の1307億ドル(約16兆円)と大幅に減少した。12か月連続の前年割れとなった。国内製造業の生産過剰を背景に、鋼材や工作機械のほか、石炭や木材などが落ち込んだ。
.
 輸出から輸入を差し引いた貿易収支の黒字額は616億ドルとなった。
.
 輸出入を合計した貿易総額は1〜10月の累計で前年同期比8・5%減の3兆2269億ドル(約397兆円)となった。
.