2015.11.04.



無料カウンター

滋賀・高島市本庁舎問題:公金差し止め・11日に提訴!

滋賀・高島の住民団体!
.
.
 滋賀県高島市本庁舎の位置をめぐる問題で、今津町民らでつくる「高島はひとつの会」(釆野哲平会長)は10月30日、市に対し新旭庁舎の増改築を目的とする公金支出の差し止めを求める住民訴訟を、11月11日に大津地裁に起こすことを決めた。
.
 同会は、本庁舎の位置を定めた市条例を変更しないまま、仮の本庁舎としている新旭庁舎の増改築を進めるのは違法として、市に対し公金を支出しないよう求める住民監査請求を8月に行ったが、市監査委員が今月14日に請求を棄却した。これを受け同会は18日、町内で会合を開き方針を決めた。
.
 釆野会長は「市は改築に向けて、既成事実を積み重ねている。まずその進行を止め
たい。住民に説明を十分にしない市政のあり方も問いたい」としている。
.
 庁舎問題は、市発足時の合併協定に基づく市条例では今津町に新築することになっているが、福井正明市長が人口減や財政難を理由に凍結を主張。本庁舎の位置を今津町から新旭庁舎に変更する条例改正案を市議会に計3回提案したがいずれも否決された。
.
 この間、住民投票も行われ新旭庁舎の増改築が多数を占めた。6月市議会でも本年度予算の増改築事業の関連予算の執行を求める意見書が可決され、福井市長は「新旭庁舎の整備を進める」と明言していた。
.