2015.10.20.



無料カウンター

仙北市・一廃管理業務汚職:金谷係長再逮捕!

保守点検業「eシステム」を新たに逮捕!
.
.
 秋田県仙北市の一般廃棄物最終処分場管理業務をめぐる汚職事件で、県警は10月19日、収賄容疑で逮捕、送検された市市民生活課係長の金谷頼輝容疑者(42)にパソコンなどを賄賂として贈ったとして、贈賄の疑いで、同市角館町、処分場保守点検会社「eシステム」社長・伊藤洋容疑者(59)を逮捕した。また、伊藤容疑者から賄賂を受け取った収賄容疑で、金谷容疑者を再逮捕した。
.
 この汚職事件で、収賄容疑で逮捕、送検された市市民生活課係長・金谷頼輝容疑者が、発注した複数の業務の予定価格を、贈賄容疑で逮捕、送検された仙台市の汚水処理会社「テーケー・アクティブ」社長の古山徹容疑者(56)に随意契約前に漏らしていた疑いがあることが18日、分かった。秋田地検は19日、2人を秋田地裁に起訴する方針。
.
 関係者によると、金谷容疑者が起案し、テーケー社が受注した業務は2009年度〜15年度までで、水処理施設の管理や設備更新など計68件(契約総額約5億6500万円)。このうち66件が随意契約、2件が入札だった。随意契約では、予定価格に占める受注額の割合が98〜99%のケースが目立ち、テーケー社が提示した見積額と、市側が算出した予定価格は僅差だったという。
.
 県警は、金谷容疑者が予定価格を事前に漏らしてテーケー社が確実に受注できるよう便宜を図った見返りに、古山容疑者から旅行の接待や現金を賄賂として受け取った疑いがあるとみて調べている。
.