2015.10.18.



無料カウンター

豪潜水艦:いつでも現地で建造可能・石川防衛省審議官!

この表明で五分五分!
.
.
 防衛省の石川正樹審議官は10月6日、候補として名乗りを挙げている豪潜水艦の
共同開発について、オーストラリア政府から要請があれば初日から現地で建造できると強調した。
.
 石川審議官はシドニーで行われた海軍の展示会で記者団に答え、「潜水艦の建造を初日からオーストラリアで行うことができると強く確信している」と表明。さらに、

何隻かの艦船を日本で、残りを豪州で建造する折衷案が、豪州にとって最も経済的な選択肢であるとも話した。
.
 製造業の雇用が政治的問題として注目される中、審議官は日本政府が現地建造を受け入れる用意があるか確認していた。日本はこれまで、競合するドイツとフランスに比べ、現地で造ることに消極的とみられていた。
.