2015.10.15.



無料カウンター

LaLa横浜・マンション傾く:三井住友建設・施工!

三井不動産が販売!
.
建築基準法違反の疑い!
.
地盤調査データ・転用!
.
.
.

 三井不動産などが販売した横浜市内の大型マンション「パークシティLaLa横浜」で、建設時に必要な地盤調査の一部をせずに別のデータを転用するなどして基礎工事を行った可能性があることが10月14日、分かった。
.
 マンションが傾く事態となっており、国土交通省は販売元の三井不動産レジデンシャルと施工主の三井住友建設に原因究明を指示した。建築基準法違反の疑いがあるとみて、横浜市とともに調査を始める。
.
 国交省によると、問題のマンションは平成18年に販売を開始した横浜市都筑区内の4棟で最高12階建て。大型商業施設に隣接し、計700戸以上を擁する。4棟のうちの1棟が傾いていることに気づいた住民側の指摘を受け、三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が調査を開始した。約50本のくいのうち計8本のくいが強固な地盤まで届いていないことなどが判明した。建物の傾きとの関連性を調べている。
.
 両社が施工記録を確認した結果、問題のくいを含め10本の部分の地盤調査が行われておらず、別のデータの転用や加筆があったことが分かった。他の棟でも28本について同様のデータが使われていることも確認された。
.
 国交省は今月6日、両社に原因究明を指示。建築基準法違反の疑いがあるとみて、横浜市とともに調査を始める方針だ。
.
 三井不動産レジデンシャルはすでに国交省と横浜市に報告、住民に説明を始めている。同社と三井住友建設は「事実関係も含め答えられない」としている。
.
 横浜市都筑区の大型マンション「パークシティLaLa横浜」の基礎工事で、杭の一部が地中の硬い地盤に達しておらず、くい打ちの適正さを示すデータも本来のものでなかった。
.
 4棟のうち1棟は2cm余り傾いており、国土交通省は原因究明を指示。横浜市は建築基準法に違反する可能性もあるとみて、同社に調査を求めている。
.
 国交省や横浜市によると、問題のマンションは計4棟で、10〜12階建て。三井住友建設が施工し、2007年12月に完成した。
.
 住民が昨年11月、隣り合う2棟の手すりの高さがずれていることに気付いた。三井不動産レジデンシャルが調べたところ、11階建ての1棟は片側に約2.4cm傾いていた。この棟の基礎工事で打ち込まれたくい52本のうち、調査が終わった29本中8本は硬い地盤「支持層」に達していないか、達し方が不十分だった。
.
 杭打ちは別の業者が行っており、三井住友建設は施工記録を調査。くいを適正に打ったときに測定した電流の数値を、この棟を含む3棟38本に転用して記載していたことが分かった。 
.
 横浜市は、施工会社の三井住友建設側が基礎工事の際に地盤調査を一部で実施せず、虚偽のデータを使って工事を行ったとみており、建築基準法違反の疑いも視野に調査を始めている。
.


.

.