2015.10.13.



無料カウンター

日本列島・この冬:広い範囲で大雪か!

太平洋側でも局地的に大雪か!
.
エルニーニョの影響で!
.
.
 10月13日、この秋一番の冷え込み。北海道の平野部でも積雪の予報が出ていた。
.
 南米・ペルー沖の海面水温が平年より高くなる「エルニーニョ現象」について、気象庁は、先月も平年との差が、さらに拡大したと発表した。ことしの冬はエルニーニョ現象の影響で、広い範囲で暖冬が予想される一方、太平洋側でも局地的に大雪となる可能性があり、気象庁が監視を続けている。
.
 気象庁によると、南米・ペルー沖の東太平洋の赤道付近の海域では、去年の夏から海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象が発生しており、ことし5月からは平年との差が拡大し続け、先月は2.6度と、8月を上回り、過去4番目の差となった。
.
 平年との差はことし12月ごろまでさらに拡大する可能性があり、エルニーニョ現象は2016年の春ごろにかけて続く見込み。このためこの冬は、日本付近では上空に寒気が流れ込みにくくなり、北日本を除く広い範囲で暖冬が予想されるという。また、低気圧が日本の南岸を通過しやすくなるため、寒気の流れ込みと重なる

と、東日本や西日本の太平洋側でも大雪となる可能性があるという。
.
 過去にエルニーニョ現象が続いていた平成10年1月には、寒気の流れ込みと低気圧の本州の南岸の通過が重なって関東甲信の各地で大雪となり、甲府市で49cm、東京の都心で16cm、横浜市で14cmの積雪を観測、気象庁の安田珠幾エルニーョ情報監理官は、「日本の南岸を低気圧が通過する際に寒気が入ると過去には太平洋側でも大雪となったことがあり、最新の気象情報に注意して欲しい」と話している。
.