無料カウンター

2015.10.12.



秋田大・寄付金7億円:赤字穴埋め・目的外使用!

経常損失の穴埋めに!
.
.
.
 秋田大(秋田市)は10月7日、2014年度の決算で、研究などに使うべき寄付金7億2243万円の使途を無断で変更し、経常損失の穴埋めに使う不適切な会計処理をしていたと発表した。
.
 同大は関与した財務担当理事ら7人を戒告などの処分としたり、異動させたりした。
.
 同大によると、寄付金は特定の教授の研究に使うなどの目的で数百人から集められたもので、目的外使用には寄付者の同意が必要だが、同大は承諾を得ずに転用していた。
.
 財務担当理事が「大学の財政が立ち行かなくなる」として学長らの同意を得た上で、赤字の穴埋めに回していた。決算は内部・外部監査を通過し、文部科学省も承認していたという。 
.
 学内には既に調査委員会が設置されており、同大は近く処分者を含め調査結果を公表する。
.
 関係者によると、同大が文部科学省に提出した14年度決算は、実際よりも赤字額が大幅に圧縮されていた。この決算は同大が行った内部監査のほか外部監査もすり抜け、文科相の承認も得ていた。
.
 文科省国立大学法人支援課によると、国立大学法人の決算は毎年6月末までに提出され、8月に大臣が承認する。大臣承認後に不適切な会計処理が明らかになるのは異例という。大学は「近く公表する」とし、詳細を明らかにしていない。
.