2015.10.07.



無料カウンター

神戸市・中学校給食:虫や髪の毛など異物混入86件!

給食は誰のため!
.
安心、安全は二の次化!
.
.
.
 神戸市で2014年11月から市立33校で始まった中学校給食で、今年7月までに86件の異物混入(虫、髪の毛、まつげ、ビニール片や虫など)があったことが10月5日、分かった。
.
 神戸市教育委員会によると、2014年11月に始まった中学校の給食で、2015年7月までに、異物の混入が、全部で86件起きており、業者の従業員は「(配送ケースに)生ごみが引っついているような感じで。その周りを夏場は小バエが飛んでる」と話した。
.
 業者の役員は「チェックが甘かったところはある。中には、弊社で入ったものでは
ないものも、例えば、ふたを開けた時に入ったとか、食材そのものに入っていたものもあると思います」と話した。
.
神戸市は「契約上、業者は変えられないため、今後は指導を徹底していく」と話している。
.
 市教委によると、混入の半分は髪の毛やまつげで、2割はビニール片や紙片。そのほかの3割は虫11件、木片1件など。金属片は須磨区の中学校で見つかり、調査の結果、調理・配送業者が使っていた網かごの一部と判明した。いずれも生徒が見つけ、教員に報告して発覚した。
.
 月別に見ると、今年6月の22件が最多。昨年11月の16件、今年2月の10件が続いた。
.
 市教委は給食の調理・配送を民間2業者に委託し、食材は神戸市スポーツ教育協会から調達。混入は、東灘区と西区の7校を受け持つ業者(株式会社 コープフーズ)が9件、それ以外の26校を受け持つ業者(有限会社 徳島屋)が77件だった。
.
 市教委によると、後者の業者は一部設備が古く、チェック体制が甘かったといい、既に改善を求めたという。
.
 市教委は学校給食を原則とする一方、弁当持参も認めており、平均利用率は46%。目標の6割を下回る。1日の平均給食数は約6200食。
.
 市教委は「混入経緯が不明なものもあるが、件数として多い。混入があるたびに指導を続けてきたが、再発防止に向け、業者に徹底的な衛生管理意識を持たせる」としている。 今年11月、市教委は市内の全中学校82校のうち、校舎建て替え中の1校を除く81校で給食を本格導入する。
.
 127校で実施している大阪市では今年4〜7月、88件の混入があった。兵庫県
内市町の給食の異物混入について、県教育委員会は実態を把握していない。これだけ多いにも係わらず、改善を求めるという甘々指導では、冬に起きる食中毒が心配だ。

この業者らの契約期間は平成31年3月31日まであり、年中汚い給食を食べる生徒が可哀そうだ。
.
.
<給食調理等業務委託事業者を決定>
.
2014年6月19日
.
【事業者名】
株式会社 コープフーズ
代表者:代表取締役社長 畑 睦生
神戸市東灘区住吉本町1丁目3番19号
.
【担当ブロック】
第1ブロック(東灘区)
第10ブロック(西区)
.
.
【事業者名】
有限会社 徳島屋
代表者:代表取締役 大西 雅子
神戸市兵庫区出在家町2丁目6番23号
.
【担当ブロック】
第2ブロック(灘区)
第3ブロック(中央区)
第4ブロック(兵庫区)
第5ブロック(北区北部)
第6ブロック(北区南部)
第7ブロック(長田区)
第8ブロック(須磨区)
第9ブロック(垂水区)
.
.
 教育委員会の選定も好い加減なもの。食事提供の金額は、以下のように1食277円以下であり、業者がどの程度利益を上げ、職員や従業員の給与や経費を取るかでは、1食190円でも利益が出ない恐れがある。まして、稼働率50%を切るのであるなら、よほど仕入れ費を下げないと旨味はゼロだ。
.
.
【第1、第10ブロック】277円/食(税抜)
【第2、第3、第4、第6、第7、第8、第9ブロック】270円/食(税抜)
【第5ブロック】276円/食(税抜)
.