2015.10.07.



無料カウンター

葛v仁建:置場を出たが東郷町には降ろさず!

廃棄物を積んだまま車両が消えた!
.
.
 本紙の昨日の記事を夜中に見て、葛v仁建は東郷町に行くのをためらい、第三者が京都政経の記事を止めるという言葉をあてにして、豊田市で待機したが本紙の記事は消えもせず、東郷町へ向かう車両の後を尾けられるていると知った。
.
 受け取り側の潟Zージツは来るはずの荷物が着かず、1日中待ったが姿が見えなかった。
.
 6日夜現在、廃棄物を乗せたまま運搬車2台は四条畷にも戻らず、荷物もろとも姿を消してしまった。
.
 過剰集荷で置場で勝手仕分けをしていた荷物。排出元の顧客にすれば、マニフェストに書かれた中間処理場や最終処分場に本当に入っているのか心配なはず。
.
 まさか、深夜山奥深くで不法投棄などしていないか、そちらの方が心配だ。
.
 シリアの難民のように、行きたいところがあるのなら、よいのだが、行先・受取先がないまま流浪の旅はみじめだ、、、。