2015.09.29.



特使・日本政府に方針伝達!
.
.
 日本と中国が受注を競っていたインドネシア初の高速鉄道整備計画について、同国のジョコ大統領の特使として来日したソフヤン国家開発企画庁長官が9月29日、菅義偉官房長官と会談し、日本の提案を採用しない考えを伝えた。
.
 日本外務省によると、ソフヤン氏は「日中双方の提案は再検討が必要といったん判断したが、その後中国側からインドネシア政府の財政負担や債務保証を伴わずに事業を実施できる新たな提案があり、インドネシア側は中国提案を歓迎したい」とのジョコ大統領のメッセージを伝えたという。
.
 これに対し菅氏は、インドネシア政府が事業を「中速鉄道」として実施し、各国企業に参画機会を公平に提供すると説明していたとして「極めて遺憾と言わざるを得ない」と不快感を表明した。
.
 高速鉄道は、首都ジャカルタとバンドン間の140kmを結ぶ計画。日本は「新幹線方式」の輸出を目指していたが、中国側はインドネシア政府が負担する必要がない資金計画で売り込みをかけていた。インドネシア政府は9月4日、高速鉄道の計画自体を見直し、いったん日中双方の提案を不採用にする方針を決めていた。
.
 同国政府は29日、中国案を採用する方針を固めた。政府関係者が明らかにした。インドネシア政府関係者によると、中国案は一切の財政上の政府負担が要らない点や、企業中心の事業とするなど、インドネシアの要求に沿っていることが評価されたという。また、同国政府内では中国案に対する安全上の懸念を示す声もあったが、大統領が最終的に中国案採用を決めた。 
.

無料カウンター

インドネシア高速鉄道:日本の提案採用せず・中国受注へ!