2015.09.29.



警備会社をボデイガードに豪遊!
.
隣接ホテルは解体着手!
.
そろそろ建替え時期が来ているが!
.
.

.

.

.

 昨日の投稿前篇の反響は、地元京都の出来事と隣接ホテルがマンション計画を門川市長の懇願もあり断念したばかりの土地柄である。
.
 ANAクラウンのオーナー中山裕之(郭裕之)は、1986年現在地に8階建てのホテルを新築し、京都の中でも当時としては最高の設備擁した高級ホテルであった。
.
 平成19年(2007年)中山オーナーは当時・近畿産業信用組合の青木定雄会長と共に創立100周年を迎えた高麗大学に20億ウオンを寄付し、日本研究を行う青山.MKb文化館.高麗大学日本研究センターを設立した。しかし、青木会長も2013年、近畿産業信用組合の会長を解任された。組合の16人の理事のうち6人が青木親族であったが、世襲人事で三男を理事長に据えようとしたが、理事9人が私物化を許さんとして、解任合議をだし理事9人(青木親族1名が賛成した)が賛成し青木定雄理事長は追放された。
.
 詳細は、後日に譲るとして、ANAクラウン京都も二代目が跡を取ると、働くことよりも遊ぶことに精を出すものだ。
.
 投稿の後編を掲載する。
.
 本日は、文中にもある潟宴Cジングの吉田会長(本城は本庄)は役員に登記されておらず、影のオーナーとして君臨している。会長専用車両の運転手を募集するくらいだから、ホテルの新社長との豪遊は吉田会長が人目を避けて料亭を使っているが、中山社長は料亭とクラブの両党のようだ。
.

.

.


 潟宴Cジング 会社謄本 PDF
.

無料カウンター

ANAクラウンホテル京都:経営者一族のコンプライアンス・2!