2015.09.25.



現金以外に家族旅行も!
.
.
.

 羽田空港にある航空機格納庫の土地の使用許可を巡る汚職事件で、贈賄の疑いで逮捕された航空関連会社の元社長が会社の調査に対し、「国土交通省の係長に現金数百万円を渡した」などと話していたことが関係者への取材で分かりました。警視庁は係長がほかにも現金を受け取っていたとみて調べを進めている。
.

.
 国土交通省航空局運航安全課の係長、川村竜也容疑者(39)が、一昨年、羽田空港にある航空機格納庫の土地を巡り、国の使用許可などが延長できるよう便宜を図った見返りに、航空関連会社の元社長で韓国籍の金澤星容疑者(61)から現金およそ50万円を受け取ったとして収賄の疑いで逮捕されたもの。警視庁によると、2人は容疑を認めているという。
.

.
 警視庁は24日、東京・霞が関の国土交通省などを捜索した。
.

.
 この事件で、ことし6月、警視庁が金元社長の会社を捜索し、これを受けて行われた社内調査で元社長がほかにも係長に現金を渡したと話しており、金元社長は「川村係長が『国土交通省を辞めて航空事業の会社を新たにつくりたい』と言うのでその資金や支度金などとして現金数百万円を渡した」と説明していたという。警視庁は係長がほかにも現金を受け取っていたとみて、調べを進めている。
.

.
これまでの調べで金元社長の会社は年間1億円の土地の使用料を滞納し問題になっていましたが、川村係長は上司などに許可の更新を働きかけていたことが分かっています。その後の調べで川村係長が元社長にも許可の更新に向けて国土交通省にどのように説明すればよいか、その内容を教えていた疑いがあることが警視庁への取材で分かりました。
.
 警視庁によると資金繰りをして必ず支払うと説明するよう具体的に指示していたという。
.

無料カウンター

羽田空港汚職:川村竜也容疑者・数百万円受取りか!