2015.09.17.



無料カウンター

中韓FTA:韓国政府が損失予測を隠蔽か!

農業に「莫大な損失」発生の可能性!
.
.
 韓国メディアの亜州経済の中国語電子版は9月7日、中国と韓国の自由貿易協定(FTA)が発効となった場合、韓国の農業は6兆7000億ウォン(約6600億円)の損失が発生する見込みだと伝える一方、韓国政府が同数字を故意に隠蔽してい
た可能性があるとして大きな騒動に発展していると報じた。
.
 記事は、韓国の議員がこのほど「中韓FTA産学官共同研究報告書」を引用し、中
韓FTAの発効後、韓国の中国からの農産物の輸入額が急増する一方、韓国の農業生産の減少額が6兆7000億ウォンに達する見込みだと指摘したことを紹介した。
.
 一方で、「中韓FTA産学官共同研究報告書」の中国語版には韓国の農業生産の減少額が明記されていたとしつつも、韓国語版には額が明記されていなかったとし、「中韓FTAによって韓国の農業が莫大な損失を被る可能性があったにも関わらず、その予測が韓国では公開されてこなかった」と批判した。
.
 さらに、韓国政府は「韓国の農業が中韓FTAによって被る損失額は20年間で1540億ウォン(約152億円)」と予測してきたと主張、韓国政府と「中韓FTA産学官共同研究報告書」の損失額に対する見積もりの差額は43倍に達したと指摘し、「韓国政府は農業の損失額を故意に小さく見積もってきたのではないかとの疑問が浮上している」と伝えた。
.
 また記事は、韓国の議員の指摘を引用し、「中韓FTAに関する研究報告書はこれまで18部作成されたものの、韓国政府が公開したのはわずか3部にとどまっている」と伝え、韓国政府が中韓FTAによって韓国の農業が被る損失額を故意に隠蔽していた可能性があるとして大きな騒動に発展していると報じた。
.