2015.09.13.



出資違反の巨額詐欺・逮捕:08年ごろから・藤原道子容疑者!

支払い遅延・虚偽説明か!
.
震災で資金繰り悪化!
.
.
 「高金利がつく裏口座がある」と装って巨額の現金を集めたとされる詐欺事件で、兵庫県警に詐欺容疑で逮捕された化粧品販売会社(兵庫県西脇市)役員、藤原道子容疑者(60)が、出資者への利子名目の現金支払いが遅れると「東日本大震災で(口座のある)銀行の融資先がつぶれ、資金繰りが悪化している」などと説明していたことが9月11日、関係者への取材で分かった。
.
 県警は、自転車操業のような状態で集金していたにもかかわらず、出資者を信用させるため虚偽の説明を重ねたとみて調べる。
.
 藤原容疑者は2008年ごろから、知人を介して架空の投資話を広げた疑いが持たれている。被害を訴える複数の女性らによると、同容疑者は当初「2カ月の預金で金利2%の口座がある」などとし、出資当日に利子名目の現金を前払いすることもあった。ところが、震災が起きた11年から支払いの遅延が相次ぎ、12〜13年ごろに止まったという。
.
 県警は11日午前、姫路市の女性(66)から13年夏に現金3千万円をだまし取ったとする詐欺容疑で、藤原容疑者ら2人を神戸地検姫路支部に送検した。
.