2015.08.31.



無料カウンター

新国立:設計施工一貫方式プロポ・9月1日受付!

本体の工事費・1350億円以下!
.
設計監理費・40億円以下!
.
周辺整備費・200億円以下!
.
.
 政府が2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)の新整備計画を決定したことを受け、日本スポーツ振興センター(JSC)は9月1日、設計・施工一貫方式による公募型プロポーザル方式(設計交渉・施工タイプ)の手続きを開始する予定だ。
.
.
 総工費1550億円を上限とし、うちスタジアム本体は1350億円以下、200億円以下が周辺整備費となる。このほか、設計・監理費は40億円以下としている。

技術提案の審査を経て、12月末に設計・施工を行う事業者を選定する。年明けに設
計作業に着手する。工期は20年4月末までとしているが、公募の際には同1月末を完成の前倒し目標に掲げる。     
.
.
 28日の関係閣僚会議(議長・遠藤利明五輪相)で決定した新整備計画によると
▽新国立競技場は
▽ユニバーサルデザイン
▽日本らしさ
▽景観・地球環境・維持管理コストの縮減
−−に配慮し、原則として競技機能に限定する。
.
配慮するべき事項として、
▽通路、エレベーター、トイレなどの施設に世界最高のユニバーサルデザインを導入▽「日本らしさ」を重視(木材活用など)
▽周辺環境や景観との調和(環境負荷の抑制、自然エネルギーの活用など)
▽維持管理コストの縮減(施設の将来可変性への配慮)−などを挙げた。
.
.
 観客席は6万8000席程度とし、五輪後にトラック上部に増設して8万席を確保しサッカーワールドカップに対応させる。
.
 屋根は、トラック上部への増設も見込んだ上で、観客席上部だけに設置する。
.
 フィールドを含む面積は約19万4500u。防災警備施設やホスピタリティー機能、管理施設、駐車場機能を備える。
.
 スポーツ博物館などスポーツ振興施設は設置しない。また、陸上競技関係のサブトラックは、徒歩圏内に仮設で設置する。
.
 公募型プロポーザル方式は、「発注者が最適な仕様を設定できない工事」や「仕様の前提となる条件の確定が困難な工事」で、工期とコストの上限を設定した上で公募
する。
.
 技術提案に基づき選定された優先交渉権者と設計業務の契約を締結し、設計の過程で価格交渉する。交渉が成立した場合に施工の契約を結ぶ。技術提案の審査や優先交渉権者との価格交渉は、JSCが設置した技術提案等審査委員会(委員長・村上周三東大名誉教授)が行う。
.
 整備スケジュールは、事業者選定後、16年1月に設計委託し、基本・実施設計に入る。同年12月末に工事契約し着工する。
.
 竣工は20年4月末だが、同年1月末を工期短縮目標としている。IOC(国際オリンピック委員会)が、20年春から1月に前倒しを求めている完成時期を実現させるため、設計・施工業者を公募する際に工期を短縮する提案を優遇する考えだ。
.