2015.08.25.



無料カウンター

仏特急列車:テロ犯防止で3人の米兵ら英雄に!

テロ犯はハッザーニ容疑者と報道!
.
乗客2人負傷!
.
「必死に戦った」とパリで会見!
.
.


 オランダ・アムステルダム発パリ行きの国際特急列車タリスの客車内で乗客2人が負傷したテロで、武装した容疑者を格闘の末、取り押さえた米兵ら米国人3人がパリで23日、記者会見し「必死に戦った」などと述べ、現場の様子を振り返った。
.
 このパリ行き国際特急列車の乗客2人が負傷したテロで、内外のメディアは「英雄的な行為」と称賛している。
.


 AP通信などは8月23日、拘束された男について、モロッコ人のアイユーブ・ハッザーニ容疑者と報じた。
.
 報道によると、同容疑者は2007年から7年間、スペインに居住し、イスラム過激派が拠点とする施設に出入りしていた。15年にベルギーに移住したが、フランス、ドイツ、トルコなどを行き来していたという。シリアにも渡航歴があるとされる。
.


 会見したのは米軍の1等空士スペンサー・ストーンさん(23)ら。イスラム過激派に所属していたとされるモロッコ人アイユーブ・ハッザーニ容疑者に刃物で切られ、負傷した左腕に包帯をしたまま会見に臨んだストーンさんは「(容疑者は)最後まで戦おうと意思を固めていた様子だった」と話した。

 会見はしていないが、ほかにも隠れた英雄がいると新聞は書いている。
.