2014.09.26.



アクセスカウンター


地下鉄名古屋駅浸水:竹中施工の隣接JPタワーから漏出!

竹中工務店・宮下正裕社長らが謝罪!

市交通局・賠償請求へ!




 名古屋市中村区の市営地下鉄東山線名古屋駅が9月25日未明に浸水した問題で、浸水は駅に隣接する高層ビル「JPタワー名古屋」の掘削工事現場で排水管の接合部から大量の水が漏れてたまり、同じ現場にある地下鉄駅構内への給気口の接合部が浮力で外れて生じていたことが分かった。JPタワー名古屋の施工者・竹中工務店の宮下正裕社長は同日夕、名古屋市役所で記者会見し、「多大な迷惑を掛けた」などと謝罪した。

  

 名古屋市の地下鉄の駅に大量の雨水が流れ込み、線路などが冠水した。運転見合わせにより、およそ15万人に影響が出た。

 名古屋地方気象台によると、市内では25日午前3時45分ごろまでの1時間に30.5mmの雨を観測した。



 同局と竹中工務店の説明では、下水管(直径90cm)は、名古屋駅北側で建設が進む日本郵便の高層ビル「JPタワー名古屋」の工事現場にある。地下鉄に空気を送る給気ダクトの周囲を掘った穴(広さ約100u、深さ約5m)につながる箇所で切断され、竹中工務店の下請け会社がモルタルや土嚢(どのう)で切断面を塞いでいた。しかし、下水管に大量の雨水が流れ、栓が崩れたという。



 一部区間が始発から運休していた東山線は25日午後2時45分、全線復旧した。市営地下鉄の運休としては過去最大級といい、名古屋市交通局は「損害額を計算し、しかるべき対処をする」と損害賠償を求める方針を示した。

 竹中工務店によると、現場での掘削箇所(縦30m、横7m、深さ5m)に仮設してあった排水管の接合部に詰めていたモルタルなどが大雨で流出したため、下水が現場に流れ込んだ。現場には地下鉄構内への給気口も仮設されており、浮力がかかって一部が外れた。その結果、雨水などが給気口伝いに地下に流れ込み、さらにエスカレーターなどから地下2階にまで浸水した。



 宮下社長は会見で「当店に責任がある」と認めた。一方で「対策は取っていた」とも強調し、施工や計画の過失については明言しなかった。また、事故発生当時は無人だったが、今後は夜間巡視を行うという。

   

 地下鉄職員は「駅長室の真上で行われている工事現場の排水口のようなところから一気に水が流れてきたようだ」と証言しています。実際に駅北側の地上では、JR東海が地上46階建ての「JRゲートタワー」を2016年のオフィス入居をめどに、日本郵便などが地上40階建ての「JPタワー名古屋」を15年秋の完成を目指して建設中です。今回は後者の工事現場から、仮設の給気口などを伝って大量の水が地下に流れ込んだ。

 1度あることは2度あり、2度あることは3度ある。今後、建設が見込まれるリニアターミナル駅の真上でもあり、今後の開発と施工会社の初歩的ミスが、再度起きないという補償は無い。技術に胡坐をかき、小さな周辺雑工事に気を配らないようでは、堤防も蟻の一穴で崩壊、というようなことになる。