2014.05.26.



アクセスカウンターアクセスカウンター

所属芸能事務所を家宅捜索:戦々恐々のご同業歌手!

歌手OT・栩内パーティでマリファナか!


 歌手のASKA(本名宮崎重明)容疑者(56)が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、警視庁は25日、所属する芸能事務所ロックダムアーティスツ(東京都世田谷区)を、同容疑で家宅捜索した。


  

 警視庁組織犯罪対策5課によると、ASKA容疑者は同社の役員を務めている。今後、同社の関係者から事情を聴く方針。

 ASKA容疑者と知人の会社員栩内香澄美容疑者(37)は、東京都港区にある栩内容疑者の自宅マンションで覚醒剤を所持したとして、17日に逮捕された。

 組対5課は、ASKA容疑者の自宅などを既に家宅捜索、覚醒剤とみられる粉末や、合成麻薬MDMAとみられる錠剤を押収している。

 ASKA容疑者は逮捕容疑を認め、「覚醒剤を使用した」とも供述しており、組対5課は同法違反(使用)の疑いで再逮捕する方針。


  

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)と会社員、栩内(とちない)香澄美容疑者(37)の接点に、財界の“大物”でもある大手人材派遣会社代表が深く関わっていたことが22日発売の「週刊文春」「週刊新潮」で報じられている。2人が同社のVIP接待用の施設で出会っていたことなどが書かれている。、

 複数の関係者の話を総合すると、栩内容疑者は青森県の実業高校を卒業後に上京。都内のネイルサロンなどに勤めた後、10年ほど前から大手人材派遣会社グループの企業に勤務してきた。逮捕当時は東京・大手町のメンタルヘルスケアを業務とするグループ内企業の正社員だった。

 現時点では退職したようだが、清楚な雰囲気や物腰の柔らかさを買われ、グループ総帥を務める同派遣会社代表の秘書的な存在だったという。この代表は都内一等地に政財界や芸能界などのVIPを接待する迎賓館を設け、たびたびパーティーを開催。栩内容疑者は接待役を務めていた。

 ASKA容疑者も代表と親交が深く、「週刊文春」によると迎賓館でのパーティーに代表から招待されたASKA容疑者は、栩内容疑者と初対面。ASKA容疑者には妻と長男、長女がいるが、栩内容疑者との交際は社内でも知られるようになっていったという。

 事務所は関係を知らないというが、栩内容疑者のパーティーで歌手OTがマリファナを吸っていたことで、いつ栩内が供述するか戦々恐々としている。音楽業界の各事務所、抱えるグループなどオチオチ眠れぬ夜が続きそうだ。