2014.03.05.

アクセスカウンター


医療コンサル・隠れた力:表面に出ないが!(中)

日赤の収支と投資額推移!


 <日本赤十字社の医療特別会計>
    H21年   H22     H23     H24      H25
   ▲12億円  263     161     114      36    収支 
40院-127億円  61-347   61-261    50-246    60-154  黒字病院
50院-▲12億円 29-▲83  29-▲97  40-▲130  30-▲116 赤字病院
          540億円   560     588      602     委託費
          799億円   848     902      941     設備費

 建設投資は設備費の30%であり、医療機器の整備費も30%に及ぶ見込みだ。日赤の5000万円、1億円の改修工事は年間10箇所以上あり、病院医療器の入れ替えも大きい。整備計画の策定から、基本計画、基本設計、実施設計と進む中、当初整備策定の整備内容が建築に生かされるまで数年かかるものもある。


☆H22年度施工
・安曇野赤十字病院 全面改修工事 83億6000万円
・古河赤十字病院  新築移転工事 61億3000万円

☆H23年度施工
伊勢赤十字病院    149億円
和歌山医療センター  82億円
足利赤十字病院    69億円
大田原赤十字病院   65億円投資
福岡赤十字病院    58億円投資

☆H24年度竣工と施設整備
・大田原赤十字病院 移転新築工事 151億円(総額)
・福岡赤十字病院  新築工事   121億円(総額)
・静岡赤十字病院  増改築工事   89億円 
・松江赤十字病院  増改築工事  173億円
・那須赤十字病院  新築移転工事 166億円
・福岡赤十字病院  増改築工事  125億円
・京都第1赤十字病院増改築工事   97億円
・静岡赤十字病院  増改築工事   94億円
・浦河赤十字病院  増改築工事   63億円
・庄原赤十字病院  増改築工事   59億円
・熊本赤十字救急C・こども医療   53億円
・名古屋第1赤十字バース・ケアC  27億円

☆H25年度施設整備(継続も含む)
北見赤十字病院 浦河赤十字病院 石巻赤十字病院 原町赤十字病院 金沢赤十字病院 静岡赤十字病院 名古屋第1赤十字病院 名古屋第2赤十字病院 長浜赤十字病院 京都第1赤十字病院 舞鶴赤十字病院 鳥取赤十字病院 松江赤十字病院 益田赤十字病院 岡山赤十字病院 広島赤十字病院 庄原赤十字病院 高松赤十字病院 鹿児島赤十字病院
以上20箇所


 20件にも及ぶこれだけの中から、病院整備の整備計画内容情報が入手できれば、基本・実施設計のプロポにも通りやすい。施主の意向に沿った設計が大事なことは利の当然である。

 つづく