2013.01.25.

アクセスカウンター


堀川丸太町角:高値契約でイズミヤが出店!

死んだ街を生き返らせれるか!


イズミヤは関西を中心に展開するスーパーで、京都市内には桂坂店(西京区)、伏見店(伏見区)、高野店(左京区)、六地蔵店(伏見区)、KYOTO AVANTI店(南区)、白梅町店(北区)、カナート洛北(左京区)の7店舗が有り、ここに新しく1店舗が計画され、昨年12月末に大規模小売店舗立地法と開発高層届けが京都市に出された。




 京都市に出された開発構想では、ホテルニュー京都の跡地(上京区堀川丸太町角地)に来秋の開業を目指し、現在解体が終盤に近づいている。06年8月にホテルが廃業して以降、不動産投資会社が新しいホテルの建設計画を進めたが頓挫し、跡地活用が宙に浮いていた。当初イズミヤが手を挙げていたが、肩すかしをくらい、次々と所有者が替わり、最終的にイズミヤが出店することで落ち着いたが、店舗としては高い費用となり、入店者も高値契約となりそうだ。

 開発計画によると、3759uの土地を活用し、2階建て延面積4800uの店舗を建設する。物販店舗2700u、飲食店等550uの3250uの内容で、5月には着工予定である。予定によれば、10月には完了し、開業を目指す。屋上には69台収容の駐車場も設ける。